なんか勉強したくなる毎日塾長

学生・社会人、みんながこれを見るとなんか勉強したくなるブログです。

夏期講習に潜む罠

夏期講習どこでも実施してますね。夏期講習って何してるのか疑問になったことありませんか。何か特別なことしているんじゃないかと思いますか。

結論、そんなことありません、、。

特に個別指導型の塾においてはただ単に授業回数が増えるだけです。

でも学校も休みだし、遅れをとるんじゃないかと不安になってこぞって高額な夏期講習を受講してしまいます。

はっきり言ってほぼ無駄です。

じゃあどうするのが正解か。簡単です。家で勉強してればいいんです。

自習はタダです。なおかつ勉強効率も圧倒的にいいです。

 

一応、うちの塾のスタイルをご紹介しておきますと、塾生向けの夏期講習というのは実施しておりません。親御さんからも逆に大丈夫ですか?とお声をいただくこともありますが、大丈夫です。その分自習しにきてください。

 

塾外生対象の体験込みの夏期講習は実施しております。(期間は過ぎましたが、、)

1ヶ月受け放題1万円プランでございます。1万円のみでテキスト代も不要、何度でもご受講いただけます。

ぶっちゃけた話、世間の夏期講習料金、高すぎです、、。危険なので一度踏みとどまって考えてみてください。

 

賢い子は夏期講習を受けなくても成績上がるんです。でも受けたことによって少しでも成績が上がれば、夏期講習のおかげだと思ってしまいます。それどころか、受けずに自習していた方が成績がぐんと伸びる場合の方がよくあります。

現場にて

正直、物静かな子は損していると思います。

塾、特に個別指導形式においては分からないところを質問してなんぼだと思います。

これをすることを放棄している子はあまり塾に通うことをお勧めしません。傾向としてもしっかりと言葉にして質問をしている子は成績が良いです。塾での過ごし方を知っているんだと思います。

教えている方としても何もモノを言わない子は正直何を考えているのか分からないので、何が分からないのか、何が分かっているのか、が分からないのです。

その結果、多分分かっていないであろうことを念の為教えた結果、そんなこと分かっている風の顔でウザがられたり、多分分かっているであろうことをスルーして蓋を開ければ分かっていなかったりと何かと不便が生じます。

できるだけ、なんでも話してもらえるようにコミュニケーションは重視しておりますが、こちらとしてもまだまだ勉強不足といったところです。

 

さて、夏期講習始まっている塾が多い今日この頃です。リライアンスでも始めております。

しかし、うちの夏期講習は他とは違います。

次回は夏期講習に潜む罠についてお話しします。

とにかく、最近はとても暑い日が続きますが、暑さに負けず頑張りましょう。

夏ってなんか勉強したくなりませんか。

モチベーション不要説

大変ながらく更新をサボってしまいました、、

なかなか毎日更新というのも難しいものです、、

気を取り直して、今日もつぶやいていきます。

 

勉強にやる気ってあった方がいいですよね。でもそのやる気ってどうやって出すのか。モチベーションをどうやって維持するのか。といったことは今までちょこちょこ述べてきましたが、違う切り口でそのあたりのことについて見解を述べたいと思います。

 

成績を上げるのに大事なことは、勉強をすることです。当たり前ですが、これが何よりも大事です。勉強のモチベーションを上げること自体は成績に何も関係はありません。

何が言いたいかというと、モチベーションなんかなくたって勉強すれば成績は上げられるということです。

勉強をしていく上で大事な心構えは、モチベーションに依存せずにただ勉強するということです。モチベーションが湧いてくることを待って勉強しているようでは、到底勉強するタイミングなんて現れません。そんなものを待っているうちに受験は終わります。ライバルたちはどんどん先へと進み続けます。

モチベーションはあればいいでしょうが、そこに頼って勉強するしないを左右すると継続することは難しいでしょう。勉強というのはするかしないかです。それならする1択で問題ないでしょう。この記事を読んだ瞬間から勉強始めてください

ドラゴン桜

ドラゴン桜見てますか。

私は、今回のは残念ながらまだ見ておりません。

パート1はよく見ておりました。初めて見た当時は中学生くらいだったと思うのですが、正直あまりピンときてませんでした。1年だけで東大?ドラマの世界でしょ、くらいな感じでした。

 

しかし、今見てみると理にかなっていることがたくさんあるなと思います。

例えば数学の勉強法として、考えても分からなければ即回答を見て次の問題に移る、です。

たくさんの問題に触れられるという点で有効です。あまり粘りすぎないということです。

 

勉強が好きという人もいれば、嫌いという人もいると思います。トップを目指そうと思えば勉強が苦になるときもあるでしょう。そうした時に勉強法というのは知っておくととても強いです。勉強法はあくまで方法です。実際にアクセルを踏まなければ前に進めないように実行しなければ全くの無意味です。

 

受験生諸君はドラゴン桜以外のテレビは見ないようにしましょう笑

夏期講習始めます!

10名限定夏期講習します!

1ヶ月受け放題1万円!

この夏で遅れを取り戻しませんか。

受け放題なので詰め込むことができるのでほとんどの遅れは取り返せます。

しかも1万円のみです。他塾ではまずあり得ない価格帯でさせていただきます。

まずは一度お問い合わせください。

7月1日〜受付開始です

関係ある?

緊急事態宣言でフラストレーションが溜まっている子は多いことでしょう。

短縮授業、グダグダとしたオンライン授業。ただ膨大なだけの課題。

こういった状況下でしっかりとモノにできている子はどれだけいるでしょうか。

例年とは違うので今の生徒は気の毒ではあります。

 

しかし、正直今の状況と自分の学力は関係ありません。

つまり、緊急事態を言い訳にして勉強しないというのは違いますよということです。

むしろ考え方次第ではプラスに転嫁することもできます。

 

休み期間というのは、己を高めるための期間として最適です。

周りが休んでいる間に自分を高めて差をつけられます。

この自習をどれだけ充実させられるかで、命運を分けることになります。

 

休んでいる場合ではありません。チャンスです。今こそ思い切り踏ん張ってとびきりの成長を見せつけてください。

言語化

よく生徒には勉強以外の質問をします。答えがパッと浮かばないオープンクエスチョンをします。例えば今日何してたの?です。小学校低学年くらいの子は回答まで時間がかかることが多いです。しかしこれは問題なくてとにかく思考を巡らせるということが大事です。中学生高校生でも同じです。言葉にすることによってより整理されて定着することがあります。

問題なのは質問をした本人が思考を遮るかのように答えを待たずして結論を出してしまうことです。それを繰り返していくうちに子供は、答えは自分で出すモノではないと勘違いを起こします。

分からないといった言葉を返してきた時はなんで分からないのか聞いてみるのもいいと思いまい。とにかく分からないで終わらせるのは良くないです。自分では何も考えることのできない思考停止人間になります。

指導する人は言語化する癖を身に付けさせてみてください。